ナビゲーションをとばす

九州中央77

九州中央77について

本協議会は、九州中央地域の産業経済、教育文化、保健福祉、生活環境等の分野において多面的な交流・連携を図るとともに、交流ネットワーク基盤の整備を促進することにより、地域特性を活かした圏域の一体的な振興整備に資することを目的として発足しました。 (※77とは、現在の35構成市町村の発足当時の市町村数を表したものです。)

九州中央地域連携推進協議会の設立の経緯

○平成7〜8年度 九州中部地域整備計画調査
国土庁調整調査費により、農林水産省、林野庁、通商産業省、運輸省、建設省の5省庁及び熊本・大分2県は、阿蘇・竹田地域等を中心とする中山間地域の活性化に向けた地域整備計画調査を実施した。この調査では、「地域の抱える様々な問題について地域の意見を聞き、かつ同時に議論できる場を作り、また、取り組み可能なものについてはすぐ5省庁及び県で取り組もう」ということを、アウトプットの一つとした。

○平成9年3月27日 「九州中央地域における横断方向の連携を考える懇談会」
 ・呼びかけ人:延岡市長、竹田市長、矢部町長
 ・参加市町村:42市町村
 ・後援:九州運輸局、九州地方建設局、第四港湾建設局、九州通商産業局、九州農政局、九州電気通信監理局、熊本県、大分県、宮崎県
 
九州中部地域整備計画調査を受け、同様の課題を抱える隣接する宮崎県も加えて、国と3県が足並みをそろえた支援のもと、熊本県久木野村で懇談会が開催された。その中で、広域であっても定期的な意見交換の場を持つことの重要性の確認と協議会結成の提案がなされた。

○平成9年8月1日 「九州中央地域連携推進協議会設立総会」
 ・呼びかけ人:延岡市長、竹田市長、矢部町長
 ・構成市町村:熊本・大分・宮崎県77市町村
 ・顧問:九州運輸局、九州地方建設局、第四港湾建設局、九州通商産業局、九州農政局、九州電気通信監理局、九州郵政局の5省7局の局長、 及び熊本県、大分県、宮崎県の3県の知事

九州中央地域の産業経済、教育文化、保健福祉、生活環境の分野において多面的な交流・連携を図るとともに、交流ネットワーク基盤の整備を促進することにより、地域特性を活かした圏域の一体的な振興整備に資することを目的として、本協議会が設立された。

組織

組織図

これまでの実施状況について

○講演会・シンポジウム  圏域の抱える課題や地域連携の必要性を圏域全体の共通認識とするため開催。

開催日 内容 開催地 人数
H9.8.1 交流大会(パネルディスカッション及び7分科会での討議)
 「九州中央地域における交流・連携に向けた方策」
延岡市  
H10.3.27 九州中央77シンポジウムin竹田
〜地域連携による新たなる挑戦〜
(講演と3分科会でのパネルディスカッション)
基調講演「地域連携軸の展開について」
 国土庁計画・調整局調整課長 谷口博昭 氏
分科会 @「地域連携と交流基盤」
    A「地域連携と産業振興」
    B「民間活力と地域振興」
竹田市 1000
H10.7.9 九州中央77シンポジウムinのべおか
〜実りある地域連携の形成に向けて〜
延岡市  
H10.9.30 九州横断ブロック講演会
 基調講演 九州東海大学教授 渡辺千賀恵 氏
  (九州横断自動車道延岡線建設促進宮崎・熊本両県期成会主催)
高千穂町 1500
H10.11.25 中九州ブロック(大分・熊本)連携軸シンポジウムin ASO
「市町村の現状と取り組み」
  竹田・三重・大野・阿蘇・産山・白水 各首長講演
パネルディスカッション「連携のイメージを考える」
阿蘇市 400
H11.1.25 地域連携フォーラム
基調講演「21世紀の地域づくり」

 熊本県立劇場名誉館長 鈴木健二 氏
パネルディスカッション「地域の交流・連携による新産業創出の展開に
向けて」    (九州通商産業局共催)

延岡市 420
H11.3.24 九州中央77シンポジウムin矢部
基調講演「地域連携による地域活性化」
 国土庁計画・調整局総合交通課長 小前 繁 氏
パネルディスカッション「心をつなぐ取り組みを目指して」
矢部町 450
H11.7.28 九州中央77シンポジウムinのべおか
〜21世紀に向けた個性ある地域連携方策を探る〜
延岡市 260
H12.2.10 人づくりシンポジウムinゆふいん
21世紀に向けた地域主体の地域づくり
湯布院町 270
H12.2.17 福祉先進都市づくりシンポジウム 延岡市 450
H12.8.2 講演会及び意見交換会
「次世紀の地域づくり」
 常磐大学コミュニティ振興学部教授 井上 繁氏
竹田市 170
H12.11.27 福祉先進都市づくりシンポジウム
基調講演「高齢社会の情報化のあり方」
  閑ーディット代表取締役社長 関根千佳 氏
パネルディスカッション「福祉情報化とネットワーク形成」
延岡市 350
H13.2.23 東九州・九州中央地域活性化シンポジウムin佐伯
基調講演「IT革命と地域づくり」
  九州大学大学院工学研究員教授 樗木 武 氏
パネルディスカッション「ITを活用した観光・商業振興」
佐伯市 240
H13.7.31 講演会
「IT社会と地域づくり」
 熊本大学教授 山中 守 氏
竹田市 140
H13.11.30 九州保健福祉大学シンポジウム
「日向から広がるボランティア精神」
(九州保健福祉大学主催、協議会共催)
延岡市 1300
H14.8.6 講演会
「『グリーンツーリズム宣言』安心院型グリーンツーリズムの推進」
  安心院町商工歓交課グリーンツーリズム推進係長
矢部町 120
H15.7.11 講演会

「公害の都市から環境の都市へ」
  前水俣市長 吉井正澄 氏/td>

矢部町 90
H16.2.13・14 地域福祉シンポジウム
基調講演「今後の市町村福祉に求められるもの」
 日本社会事業大学教授 大橋謙策 氏
        (九州保健福祉大学主催、協議会共催)
延岡市 380
H16.7.26 講演会
 「訪れて良し、住んで良し、観光まちづくりの秘訣」
韓クルート九州観光振興プロジェクトプロデューサー 井手修身氏
延岡市 100
H17.2.18 九州保健福祉大学シンポジウム(協議会後援)
「QOL(クォリティ オブ ライフ)と健康 〜ポジティブな生き方への提言〜」
延岡市 350
H17.7.27 講演会
「国土交通省・観光交流空間づくりモデル事業『長期滞在型
川のリゾート地・四万十川』プロジェクトの実現に向けて」
 中村商工会議所顧問 佐竹章夫氏
延岡市 90
H18.7.13 講演会
「構造改革時代の地域を考える〜中国山地からの報告と提案〜」
 NPO法人 ひろしまね理事長 安藤周治氏
講演の様子
豊後大野市 90
H18.10.26 シンポジウム
「神話・伝説の郷からはじまる 新たな地域物語 〜道州制を見据えた、県境地域の連携・交流〜」
 基調講演 前大分県知事 平松 守彦氏 
延岡市 240
H18.11.16 講演会
「普遍的な議論が個性を生む」
 早稲田大学教授 宮口トシ廸氏
宇佐市
安心院
60
H19.7.19 総会・講演会
 講演:「九州観光推進機構の広域連携の取り組みについて」
 講師:九州観光推進機構 国内誘致推進部長 甲斐和郎 氏
豊後大野市 46
H19.11.6〜7 視察研修会「テーマ型広域観光ルートの可能性を探る」
・視察「豊後街道を行く」 
豊後街道の旧跡を巡り実際にテーマ型観光ルートを体験
・講演会
講演:「テーマ型広域観光ルートを活用した広域連携の取り組みと今後の国内観光の動向について」 
  講師:九州観光推進機構 国内誘致推進部長 甲斐和郎 氏
熊本県内の豊後街道の沿線市町村 28
H20.7.15 総会・講演会
 講演:「持続可能な地域社会の形成」
 講師:熊本大学政策創造研究教育センター 教授 上野眞也 氏
熊本市 50
H20.11.16〜17 視察研修会
・視察「日向往還を行く」 
日向往還の旧跡を巡り実際にテーマ型観光ルートを体験
・講演会
講演:「地域の魅力を生かした情報発信」 
  講師:山都町観光協会会長(日向往還顕彰会事務局長)山下泰雄 氏

熊本県内の日向往還の沿線市町村 21
H21.7.16 総会・講演会
 講演:「九州新幹線鹿児島ルートの全線開業と九州横軸連携」
 講師:シンクタンクバードウィング 代表 鳥丸聡 氏

熊本市  
H22.2.2〜4 交流研修会
・視察「広域観光を活用した観光の可能性の調査」
  延岡市愛宕山−今山大師寺−日向市クルスの海・馬ヶ背−門川町「う
みすずめ」
・講演会
@講演:「食の観光化の現状について」 
「きゅうしゅう旅づくり塾2009」の取組事例紹介
講師:じゃらんリサーチセンターエリアプロデューサー 田中政宏 氏
A講演:「広域観光タクシーについて」
講師:宮崎第一交通(株)延岡営業所 営業推進所長 佐藤卓 氏

延岡市
日向市
門川町
 
H23.2.24〜25 交流研修会
・講演会
 @講演:「Looking for full life 〜自分らしさを探し求めて〜」
  講師:特定非営利活動法人 五ヶ瀬自然学校 理事長 杉田英治 氏
A講演:「自然の恵みがココロを癒すまちづくりの実践」
 講師:宮崎県日之影町役場 地域振興課 係長 工藤富士 氏
・現地研修
森林セラピー体験(日之影町)

高千穂町
日之影町
 
H23.7.25 総会・講演会
 講演:「九州の広域観光戦略 〜震災後の取組みと新幹線開業効果〜」
 講師:九州観光推進機構事業本部 本部長 大江英夫 氏

延岡市  
H24.2.21〜22 交流研修会
・事例発表「佐伯市の定住促進事業に関する事例発表」
  佐伯市企画課 副主幹 武石康麿
・講演会
  講演:「地域づくりは人次第」
  講師:前綾部市長、全国水源の里連絡協議会顧問 四方八洲男 氏
・現地研修
佐伯市歴史探訪(佐伯武家屋敷通り、平和祈念館やわらぎ)
佐伯市  
H24.7.18 総会・講演会
 講演:「地域活性手法としてのオンパクの展開  〜地域資源と広域的連携の活かし方〜」
講師:(社)ジャパン・オンパク 代表理事 鶴田浩一郎 氏
※7月18日に上記内容で開催を予定していたが、7月11日から14日にかけて九州北部を襲った記録的な大雨「平成24年7月九州北部豪雨」により、本協議会の構成市町村をはじめ、九州中央地域が甚大な被害を受けたことを勘案し、17日の朝に中止を決定した。 総会の開催については、災害復旧や構成市町村も9月議会を控えている中で、スケジュールの調整が困難なこと及び平成24年度事業の実施も必要なため、紙上総会を開催し、議案の議決を受けることとした。
佐伯市  
H25.2.21〜22 交流研修会
・事例発表平成24年7月九州北部豪雨災害 竹田市の被災状況について」   
  竹田市企画情報課 主査 中村美智子 氏
・講演会
  講演:「九州地域ブランドと観光戦略」
  講師:九州観光推進機構 企画部 次長 豊島茂 氏
・現地研修
佐伯市本匠地域(国指定天然記念物 『小半鍾乳洞』見学、そば打ち体験)
佐伯市  

○九州中央77スタンプラリー(国・県支援事業)

構成市町村のPRと圏域内の交流人口の増大を図るために実施している。

24年度内容

【期  間】
平成24年7月28日〜平成25年1月18日
※平成23年度・・・H23.10.13〜H24.2.27日

【概  要】
リーフレット:4万部、ポスター300枚作成
圏域市町村の紹介、道の駅、関係機関の情報、圏域地図等を掲載 し、圏域市町村、九州管内道の駅、宿泊施設等に配布。
ルールは構成団体を9ブロックに分け、3×3のビンゴ方式。

【応募総数】
2,090通(平成23年度1,638通)

【賞品】
九州中央の旅5万円分3組、3万円15組、九州中央特産品77セット

県別応募者総数

○観光物産展

スケールメリットを活かしたイベントの一つとして、熊本お城まつりを会場に して、圏域の特産品等の販売を実施。

年度 開催日 出展事業者数 その他
10 H10.10.24〜25    
11 H11.10.8〜11 44(6市11町3村) 伝統芸能として高千穂神楽の披露
12 H12.11.3〜5 44(8市13町4村) 伝統芸能として高千穂神楽、大阿蘇名水
太鼓(白水村)、並建雅楽(熊本市)の披露
13 H13.11.2〜4 43(6市14町3村)  
14 H14.11.2〜4 32(4市20町4村)  
15 H15.11.1〜3 30(5市13町1村)  
16 H16.10.23〜24 29(4市11町1村)  
17 H17.10.29〜30 31(5市9町2村)  

○ホームページの運営(国土交通省支援事業)

平成10年度に、市町村の紹介ページ、イベント情報及び投稿ページ等を設けたホームページの開設を行う。また、ホームページ実技研修等に取り組み、担当者の技術力向上を図ることで、構成団体が自由にホームページを更新できる体制づくりを行った。
 構成団体の合併が進んだことから、平成18年度にはホームページを新たに作り替えた。

実績

年度 会議、研修などの理由
10 ホームページ開設 (H10.10.10)
   スタンプラリーの宣伝バージョンとして立ち上げ
情報ネットワーク部会
第1回 (H10. 9.16、延岡市) 60名参加
  ・インターネット・ホームページの概要(講師:大分大学 佐藤教授)
  ・ホームページの内容検討(グループ討議)
第2回 (H10.10.2、竹田市) 33名参加
  ・インターネット・ホームページの現場から(講師:鰍o&R 今里氏)
  ・ホームページの内容検討(グループ討議)
第3回 (H10.11.19、矢部町) 26名参加
  ・ホームページの内容検討(グループ討議)
  ・ホームページの管理運営方法について(グループ討議)
第4回 (H11.2.3、延岡市) 26名参加
  ・ホームページの現況分析と要望・意見のとりまとめ

  ・ホームページの管理運営方法について(グループ討議)
  ・関連ホームページ等のリンクとアクセス増加対策について(グループ討議)

ホームページ実技研修
 第1回 (H10.11.6、阿蘇テレワークセンター) 14名参加
 第2回 (H10.12.18、   〃       )  7名 〃
11 ホームページ実技研修
 第1回 (H11.11.18、阿蘇テレワークセンター) 14名参加
 第2回 (H11.12.16、   〃       )  9名 〃
 第3回 (H12. 1.27、   〃       ) 10名 〃
 第4回 (H12. 2.25、   〃       )  3名 〃
12 ホームページ実技研修
 第1回 (H12.11.14、阿蘇テレワークセンター) 10名参加
 第2回 (H12.12.12、   〃       ) 14名 〃
 第3回 (H13.1.16、   〃        )  6名 〃
 第4回 (H13.2.14、   〃        ) 10名 〃
 第5回 (H13. 3.13、   〃       )  5名 〃
13 ホームページ実技研修
 第1回 (H13.11.21、阿蘇テレワークセンター)  4名参加
 第2回 (H12.12.21、大分市        )  4名 〃
 第3回 (H14. 1.25、熊本市        )  4名 〃
 第4回 (H14. 2.15、延岡市        )  7名 〃
14 ホームページのリニューアル (H14. 5)
ホームページ実技研修
 第1回 (H15.1.29、矢部町        )  9名参加
 第2回 (H15.2.20、竹田市        )  8名 〃
 第3回 (H15.3.27、日向市        )  3名 〃
18 ホームページのリニューアル (H18.9)
(特色)
・地域の情報はリンク形式によって対応する。
・『九州中央77の歩き方(私のお勧め77)』をホームページ上で募集。

(参)H16年度アクセス件数 5,363件(14.7件/日)

○TV電話会議(国土交通省支援事業)

実績

年度 開催日 会議の内容
10 H11.3.25 テレビ電話設置(代表幹事市町村)
11 H11.10.12

・地域づくりの具体例について
・NPO活動の現況について

  H11.11.30 ・九州中央77物産展の効果について
・ホームページの物販コーナーのあり方について
  H11.12.15 ・九州77協議会と既存の広域協議会との関係調整について
・「九州77ロゴマーク」の意匠登録について
  H12. 1.21 ・スタンプラリーの結果(効果)について
・その他(地域戦略プラン)
  H12. 2.29 ・シンポジウムの開催結果の報告
・平成12年度協議会事業について
12 H13. 1.29 ・地域情報の発信状況について
・今後の情報発信方法について
  H13. 2.22 ・九州中央77物産展の効果について
・九州東海大学が行った調査結果について
・平成13年度協議事項について
13 H14. 1.17 ・ふるさと大使による情報発信の具体的な方法論に対する意見交換
・今後の情報発信について
  H14. 2.25 ・九州中央77物産展の効果について
・ふるさと大使事業進捗状況
・スタンプラリーの効果について

○ふるさと大使(国土交通省支援事業)

H13.11.29 ふるさと大使発掘調査の実施
 H14.3   メーリングリスト開設  
圏域出身者で都市部に在住し「功なり名を遂げた人」をふるさと大使として任命しメーリングリストを使い、圏域の情報を随時各市町村から提供し、圏域のPRに活用してもらおうとする事業。

○九州中央77地域活性化ビジョン策定(平成11年7月策定)

九州大学工学部樗木武教授を委員長とし、学識経験者、産業界代表、熊本県・大分県・宮崎県を委員、国の出先機関をアドバイザーとする委員会を設置し、3回の検討委員会を開催し策定した。

○伝統芸能に関する調査 (平成12年7月)

45市町村の回答により約200件の伝統芸能があることを把握
平成13年7月に「九州中央77伝統芸能情報」として報告書作成

○外国語版パンフレットの作成 (平成12年度)

地域連携支援ソフト事業(国土庁)を活用し、スタンプラリーリーフレットを
紹介する英語版及び韓国語版パンフレットを作成した。(各々7,500部)

○九州中央77知名度アップ大作戦(平成18年8月〜12月)

10年に渡り活動を行ってきたが、本協議会の名前の知名度がいま一つ上らないことから、九州内の主要電車内に長期に渡り本協議会をアピールするポスターを設置。期間が長いことから、夏・秋・冬のバージョンを作成し(構成団体の写真は1度は挿入する。)刺激を与え続けられるようにした。

ポスター

大会宣言

21世紀に向けて、自立的で多様性に富んだ地域社会の形成を図るためには、その実現に向けて、市町村の連携強化と交流拡大による広域的で一体的な交流圏域の構築が重要である。

熊本・大分・宮崎県に位置し、九州中央地域に連なる我々77市町村は、これまで、産業の集積はもとより、自然や文化など多様な地域資源を活用しながら、個性ある地域づくりを進めてきたところである。しかしながら、これらの取り組みをさらに進めるためには、市町村間相互の交流・連携や交流ネットワーク基盤の整備等まだまだ不充分な状況にあり、地域振興のためのポテンシャルは十分に発揮されていないのが実情である。

今後、これらポテンシャルを活用し、さらなる発展を遂げるためには、構成市町村自らが、これまでの枠を越え、一つの軸に連なる地域として、様々な分野における交流を積極的に推進するとともに、連携体制の強化を図りながら、地域活性化のための新たな展開を進めることが、何にも増して重要であり、ひいてはこのことが、九州の一体的発展に繋がっていくものと信ずるところである。

よって、我々は、記念すべき「九州中央地域連携推進協議会」設立にあたり、県境を越えた広域経済文化交流圏の構築と、そのための地域連携軸の形成をめざし、圏域一丸となった取り組みを展開することを、ここに宣言する。


平成9年8月1日 九州中央地域連携推進協議会

規約

九州中央地域連携推進協議会・規約

(名称)

第1条 この会は、九州中央地域連携推進協議会(以下「協議会」という。)と称する。

(目 的)

第2条 協議会は、九州中央地域の産業経済、教育文化、保健福祉、生活環境等の分野において多面的な交流・連携を図るとともに、交流ネットワーク基盤の整備を促進することにより、地域特性を活かした圏域の一体的な振興整備に資することを目的とする。

(事 業)

第3条 協議会は、前条の目的を達するため、次の事業を行う。

(1) 圏域の地域振興施策に関する連絡調整

(2) 各種交流事業並びに調査研究事業

(3) 広報啓発活動並びに要望活動

(4) その他本会の目的達成のために必要な事業

(構 成)

第4条 協議会は、熊本・大分・宮崎県に位置する別表に掲げた市町村及び本会の趣旨に賛同する機関・団体をもって組織する。

(役 員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

会 長 1 名  副会長 2 名  理 事 若干名  監 事 3 名

2 役員は総会において選出する。

(役員の職務)

第6条 会長は協議会を代表し、会務を総理する。

 2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

 3 理事は、協議会の主要会務に参画するほか、予算その他必要な実施事業の審議を行う。

 4 監事は、協議会の会計を監査する。

(役員の任期)

第7条 役員の任期は2年とする。ただし、再選を妨げない。

 2 役員の任期中に異動が生じたときの後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問及び参与)

第8条 協議会に顧問及び参与を置くことができる。

 2 顧問及び参与は、会長が委嘱する。

 3 顧問及び参与は、協議会の事業の遂行に関して意見を述べることができる。

(会 議)

第9条 会議は、総会、役員会とする。

 2 総会、役員会は、必要に応じ会長が招集する。

(幹事会)

第10条 協議会の事業の円滑な推進を図るため、幹事会を置く。

 2 幹事会は、構成市町村の担当課長をもって構成する。ただし、必要な場合は、役員所在市町村の担当課長等で構成する代表幹事会をもってこれに代えることができる。

 3 幹事会には、必要に応じ国・県等関係機関が参画する。

(事務局)

第11条 協議会の事務局は、会長の属する市町村に置く。

(会 計)

第12条 協議会の経費は、負担金及びその他の収入をもって充てる。

 2 協議会の会計年度は各年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(その他)

第13条 この規約に定めのない事項については、協議により定める。

 附 則

1 この規約は、平成9年8月1日から施行する。
2 設立年度の会計年度は第12条の規定にかかわらず、平成9年8月1日に始まり平成10年3月31日に終わる。
附 則
1 この規約は、平成19年7月19日から施行する。
 附 則
1 この規約は、平成21年7月16日から施行する。
 附 則
1 この規約は、平成22年8月23日から施行する。


〔別 表〕
〔 熊 本 県 〕 
熊本市、宇土市、宇城市、阿蘇市、美里町、大津町、菊陽町、合志市、南小国町、小国町、産山村、高森町、西原村、南阿蘇村、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町、山都町

〔 大 分 県 〕
大分市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市

〔 宮 崎 県 〕
延岡市、日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町


トップに戻る